[サルサの小屋]

WILD HALF年表

2005年 5月 6日更新

年の割り出し方

 まず、タケトが高校に入学した年をX年とします。 そして、タケト高校1年の冬にサルサと出会う話(1話)はX年12月~X+1年2月ころと思われるので、以降の話はX+1年であるものとします。

 次に、122話「壁ごしの友達」において、銀星が英司に500円硬貨を渡す回想がありますが、この硬貨は良く見ると“昭和五十八年”という刻印があるため昭和58年=1983年にできたものであることがわかります。 またこの硬貨について銀星は「まだ一緒に住んでいるころ、家族(=カオル)が持たせてくれた」と言っていますので、まだ(子供の)カオルと銀星がいっしょにいたころのものであることがわかります。 そして、カオルと銀星が別れたのはカオル(25歳)が8歳の頃=今から17年前です。これらのことから、今から17年前(カオル8歳の頃)は1983年以降であることがわかります。

 以上から(X+1)-17≧1983という方程式ができます。 そして、これを解くと、X≧1999となります。

前提

 とりあえず次のような前提が必要かも…

  • 年の計算について現実の日本と同じであること
  • 銀星の証言(500円硬貨がまだ一緒にいる頃のカオルから渡されたものであること)がウソでないこと

矛盾…?

 WILD HALFの物語があくまでタケト高校1年(16歳)のままで話が進んでいるので、(タケト高校入学をX年とした場合に)仮にX+1年以降の話とすると春以降としている話についてはおかしくなってしまう。 ただ、これに関しては物語の設定自体にある意味矛盾があるので、どうしようもないかもしれない。

※ただ私が記憶している限り、当初には“サルサとタケトが出会ったのが冬の朝”という設定はなく、のちの「忘れずにいるために」(135話・136話)で追加された設定ではないかと思う。

年表

 以下では、上記のx年を1999年とした年表です。

基準年計算西暦年(基準年=1999年)できごと
-400~-300年? 4月1600~1700?年 4月白夜生まれる
-200年頃?1800年頃?忠治生まれる
-100年頃?年 6月1900年頃? 6月銀星
-100年頃?年 7月1900年頃? 7月クロウ生まれる
-27年10月1972年10月葛城志弩生まれる
-26年 6月1973年 6月和泉秀司生まれる
-25年 8月1974年 8月岩瀬寿文生まれる
-25年10月1974年10月烏丸カオル生まれる
-23年 3月1976年 3月葛城三月生まれる
-23年 7月1976年 7月黛小夜子生まれる
-21年 1月1978年 1月杉谷毬愛生まれる
-17年1982年烏丸事故。銀星が烏丸に視力を与え、烏丸の前から姿を消す。
-16年 5月1983年 5月武田正治・寺崎清代美生まれる
-16年 9月1983年 9月岩瀬健人生まれる
-16年11月1983年11月藤枝絵理・佐々木康太郎生まれる
-15年 2月1984年 2月北原美也生まれる
-12年 3月1987年 3月相模蘭生まれる
-10年1989年佐久間赤道生まれる
-7年1992年ウルフ生まれる
-5年1994年銀星と英司が「壁ごしの友達」になる
-5年11月1994年11月サルサ生まれる
-2年12月1997年12月ミレイ生まれる
-2年11月~-1年 2月1997年11月~1998年 2月三月死亡。
-1年 8月1998年 8月田中吉康生まれる
0月1999年蘭が白夜の主人になる
0年 4月1999年 4月王牙生まれる
0年07~ 8月1999年 7月~ 8月サルサとタケトが初めて出会う@海水浴場
0年12月~+1年 2月1999年12月~2000年 2月サルサとタケトの出会い(1話)
  • 白夜の生年は、白夜自身の「数百年生きている」という本人談を、獅童つばさが勝手に3~400年と解釈したものです。根拠はありません(笑)。
  • 忠治の生年は、忠治自身の「黒船を見たことあるようなないような」という証言に基づいています。